食物繊維は水溶性!不溶性だけじゃダメ!

食物繊維は体にいい…

というのは間違いありません。

しかし、食物繊維も取り過ぎると体に悪い影響を与えます。

それはなぜか?

その人にとって必要な食物繊維の種類とバランスが違うからです。

この点を知ると今より快適でスッキリした日々が送れるようになります。不溶性と水溶性食物繊維の二種類をうまく取り入れて、毎日スッキリ!快適な日中を過ごせる毎日を!

キーワードは水溶性食物繊維です。

食物繊維を取り過ぎて悪いこととは?

食物繊維には不溶性と水溶性の二種類があります。

単純なイメージを言うと、硬いのが不溶性で水に馴染みにくく、水溶性が柔らかくて水に馴染みやすい特徴があります。

不溶性食物繊維が多すぎると腸内は水分不足になりやすくコチコチになってしまいます。

つまり体のためにと思っていても、実はそれが原因で滞ってしまうことに。

逆に水溶性食物繊維が多すぎると、腸内は水浸し状態になりやすくなります。

つまり緩くなってしまうということです。

日本人は食物繊維が不足しているというのは嘘?

多くの現代日本人は食物繊維不足ですが、食物繊維を意識しすぎて具合を悪くしている人もいて、決して不足しているとは言えない人も多いのです。

その中心が若い女性です。

若い女性はダイエットや美容に関心が高く、食に気をつけている人が多いですね。

そこで重要視されているのが野菜。食物繊維たっぷりでスルスルにもプルプルにももってこい。

しかし、野菜中心はいいものの、野菜の取り過ぎになっている人もいて、そのせいで腸内菌が活発になりすぎてガスでパンパンになる人が増えています。

多い若い女性のパンパンでつらいという症状。これは意外に食物繊維の取り過ぎが原因となっているのです。

ゴボウやニンジンは万能野菜ではない?

食物繊維たっぷりな野菜といえばゴボウやニンジン。

こういった野菜は、例えばすりおろしすると繊維状のものが残りますよね。このような状態になりやすい野菜は不溶性食物繊維が多いのです。

とっても体に良さそうなのですが、意識して食べているのに毎朝スッキリしない、何日も、ひどいと一週間以上出ないということも。

なぜなのか?

それは、カチカチで出ないという原因に不溶性食物繊維があまり働いてくれないからです。

そんな人は一度水溶性食物繊維を意識して摂取してみましょう。

水溶性食物繊維は水に馴染みやすく、たくさんの水分を含んで腸内に到達します。不溶性は掃き出すホウキの役割をしてくれますが、硬すぎるカチカチには歯が立ちません。でも水溶性食物繊維が水分を運んでくれると不溶性のホウキが活躍できるようになるのです。

水溶性食物繊維を上手に摂取するには?

水溶性食物繊維はいかにも食物繊維が豊富!という野菜類ではなく、えっ?そうなの?と思えるものに多く含まれています。

代表的なのは大麦です。

大麦は不溶性と水溶性の両方が半々くらいに含まれており、水溶性の良さと不溶性の良さの両方が発揮されるとっても体にいい食品です。

大麦はたくさん食べる必要はありません。ご飯に1割くらい混ぜるだけでも十分です。チンしてサラダに混ぜても美味しいですね。

その他には寒天も取りやすいでしょう。

寒天は昔から日本人がよく食べていた食材ですが、最近はゼリーに押されて人気が落ち気味。ただ一時期お腹が膨れやすいとダイエット食としてブームになったことも。

これは寒天に豊富に含まれる水溶性食物繊維がたくさんの水分を含んで膨らんだからです。

あまりこのときに言われていませんでしたが、このおかげでカチカチ気味だった人がスルスルスル~という状態に変わった人が多いんです。それだけ寒天の水溶性食物繊維パワーが凄かったんですね。

ゴボウやニンジンは意識して食べないほうがいいの?

今までの内容だと、不溶性食物繊維が多いゴボウやニンジンといった根菜類はあまり食べないほうがいいと思うかもしれません。

しかし、大麦や寒天だけだと水溶性食物繊維は十分でも不溶性食物繊維が不足してしまいます。

確かに水溶性食物繊維は大事なのですが、バランスでは圧倒的不溶性のほうが量が必要なんです。

それを大麦や寒天などたくさん食べづらいもので補うのは不可能。やはり食物繊維の王様である根菜類は意識して食べたほうがいいですね。

また水溶性も多く含む海藻類もとてもいいです。意外に玄米はあまり食物繊維で優れているわけではないんですよ。

野菜が嫌い…な私はどうすればいいの?

食物繊維は不溶性、水溶性問わず野菜から主に摂取できます。なので野菜嫌いは死活問題。

そんな人もできれば野菜を意識的に食べるべきなのですが、無理に食べてもだいたいは1ヶ月続きません。無理して続けてもストレスが溜まって反動で悪い食生活に流れがち。

ポイントはやはり水溶性食物繊維を十分に毎日取れるかです。ここですね。

不溶性食物繊維が不足しているといより、最近は水溶性食物繊維が足りていないという人のほうが多くなっています。それだけ水溶性食物繊維というのは十分に取りづらいんです。

だから今まで食物繊維が大事だ大事だと言われている割に、毎日カチカチでパンパンという人が多かったのです。そして水溶性食物繊維を取り出すとスルスルスル~と。

だから一番お手軽で続けやすいのは大麦、つまり押し麦です。

これを電子レンジでチンしてご飯に混ぜたり、お味噌汁やスープに入れたり、炒め物に混ぜたりしてみてください。それだけでかなり毎朝、そして夕方の重い感じが変わると思いますよ。

お手軽に水溶性食物繊維がバッチリ取れる食品は?

野菜や大麦などを食べる機会がなかなか取れないのなら、このような栄養補助食品なども検討してみるといいでしょう。

選ぶポイントは、胃腸の負担にならないもの。あまりお腹が膨れすぎないものですね。

いくら食物繊維が体にいいと言っても、そのために他を犠牲にしてはいけません。例えば青汁なんか無理に飲むとお腹がチャポチャポになり、食欲が落ちて他の栄養素が足りなくなるということも。

青汁に含まれる野菜類はとてもいいのですが、できれば水気のない固形タイプでとるほうがいいですよ。

不溶性はもちろん重要な水溶性食物繊維が簡単に取れる寒天ゼリーです。

通常の野菜群より優れた栄養価のクマイザサ(北海道産)に寒天と不溶性と水溶性両方の食物繊維がたっぷり。さらに日本人に合いやすいお米由来の乳酸菌、オリゴ糖配合でより調子を整えて自然にツルッと出ていき、パンパンにならない日常作りができます。

おいしくて高栄養低カロリー。普段の食事を邪魔せず、毎朝スッキリで軽いからだで過ごせます。

POINT!
美容も健康も同時に、そして簡単でストレスがないおやつタイプなら続けられます。いい食物繊維内容が1本で作れるので、1週間でみるみる違いが分かるはずです。

オオバコ科の植物サイリウムを主体とした粉末スティックタイプです。水に溶かしてゴクンと飲むだけ。味も青りんご味でさっぱりです。

水分を含んでしっかり腸内に届くから水分でウルウルに。カチカチ頑固な塊にも優しく水分を届けてくれて安心スッキリです。サプリメントでもない食品の特定保健用食品なので自然で安心ですね。

POINT!
7日間トライアルは送料無料で1,500円とお試ししやすくなっています。サイリウムは不溶性と水溶性をしっかりバランス良く取れるから野菜嫌いな人にはピッタリ。